コラム・資料ダウンロード

  • ノウハウ

2021/04/26

正しい理解が成功への近道

コンテンツマーケティングのメリット・デメリットを徹底解説!

費用対効果が高いマーケティング手法として、2015年頃から注目され始めた、コンテンツマーケティング。これまでに数多くの企業が導入し、リード(潜在顧客)の獲得をはじめとするメリットを享受していますが、同時にデメリットも存在します。

 

そして、デメリットを理解しないままコンテンツマーケティングを導入した場合、デメリットを補うことができずに失敗してしまう可能性もあります。失敗を避けるためにも、事前にメリット・デメリットを理解した上で、導入していくことをおすすめします。

 

今回は、コンテンツマーケティングのメリット・デメリットについて徹底解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

4つのメリット

まずは、コンテンツマーケティングを導入することで得られるメリットから、詳しく見ていきましょう。主には次の4点がメリットとして挙げられます。

 

1.導入ハードルが低い(実行しやすい)

インターネット広告などと比べると導入・運用コストが低い傾向にあります。そのため、予算が限られている企業でも導入のハードルが低いマーケティング手法といえます。

 

最低限、必要なコストは「サーバーやドメインの費用」「メディア開発費用」の2つが挙げられますが、既に運用中のホームページやブログなどのWeb媒体を活用する場合は、これらのコストは必要ありません。また、コンテンツの制作を外注する場合は、制作費用が発生することになりますが、自社でコンテンツを制作する場合はその費用も発生しません。

 

仮にコンテンツ制作を外注するとしても、莫大な費用を必要とするインターネット広告に比べれば、費用を抑えられるマーケティング手法と言えるでしょう。たとえば、Google広告(検索結果に表示される広告)では、広告を表示させるキーワードによって費用が異なりますが、比較的に費用が低いニッチな市場以外で、継続的に集客しようとした場合、ランニング費用が膨らんでしまう傾向があります。その点、コンテンツマーケティングはランニングコストと集客効果が比例するわけではありませんので、戦略次第では費用を抑えながら集客力を高めることができます。

 

2.制作したコンテンツが資産として蓄積される

制作したコンテンツ一つひとつがWebサイト上に蓄積されることになります。それらのコンテンツが、Googleなどの検索結果に表示されてくれば、継続的にユーザーを集める「集客の窓口」となります。そして、コンテンツ量と比例して集客力が高まっていく可能性も十分にあるのです。

 

もちろん、継続的な集客を実現するためには、適切な戦略によって「ユーザーにとって価値のあるコンテンツ」を制作しなければなりません。決して簡単な作業ではありませんが、多くのユーザーが制作したコンテンツに関心を示し、そのユーザーが自社とも繋がっていけば収益化も見込めます。これは制作にかかる負担以上に大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

 

3.SNS(ソーシャルメディア)との相性が良い

コンテンツマーケティングは、Googleなどの検索エンジンだけではなく、フェイスブックなどのソーシャルメディア(SNS)とも相性が良いというメリットがあります。SNSには、「ユーザーとのコミュニケーションを図りやすい」「シェア(拡散)されやすい」「UGC(ユーザー生産コンテンツ)が発生しやすい」といった特徴があるからです。

 

ユーザーとの距離感を縮める上で、コミュニケーションは欠かせません。そのため、クチコミやレビューなどのUGC(ユーザー生産コンテンツ)は、企業が商品を宣伝する新たなアプローチ手段となるのです。そのような点を踏まえると、SNSは、コンテンツマーケティングを加速させる上で効果的な武器ともなり得るのです。

 

4.専門家としてのポジションを確立できる

専門分野の知見をコンテンツ化して継続的に発信していけば、専門家としてのポジションを確立できる可能性が高まります。その分野のオピニオンリーダーとして認知され、ユーザーが真っ先に自社名や自社のサービス(製品)を想起するようになれば、自社のブランド力も高まることになるでしょう。

 

3つのデメリット

それでは、コンテンツマーケティングのデメリットも押さえていきましょう。次の3点は特に注視しておく必要があるでしょう。

 

1.即効性は期待できない

コンテンツマーケティングは、中長期的にユーザーとの信頼関係を構築していくのが一般的です。そのため、短期間で成果につなげるのは現実的とはいえません。たとえば、どれだけ良質なコンテンツを制作しても、そのコンテンツがGoogleなどの検索エンジンに認識され、ユーザーの検索結果に表示されるまでには一定の期間を要します。場合によっては、数ヶ月以上を要するため、「短期間で成果に繋げるのは現実的ではない」という前提で、長くモチベーションを保つ必要があるでしょう。

 

2.継続性がなければ成果を期待できない

コンテンツを発信する間隔が空きすぎてしまうと、その間にユーザーが離れていってしまう可能性がありますので、定期的かつ継続的に発信することが欠かせません。そのため、モチベーションを保つのが難しいかもしれませんが、「継続することで成果に繋がりやすくなる」ということを理解しておけば、早期に挫折することは避けられるでしょう。

 

3.コンテンツ制作に時間がかかる

コンテンツの制作は、決して簡単なものではありません。品質を高め、ユーザーからの関心を集めようとすればするほど、多くの時間や労力を要します。そのため、「短時間で制作する」を第一目標にしてしまうと、ユーザーに伝えるべき情報が不足したり、誤った情報を発信してしまったりするなど、本末転倒になってしまう恐れがあります。

 

コンテンツマーケティングを継続するには

コンテンツマーケティングを成功させるためには「継続」が重要であることがお分かりいただけたかと思います。そして、コンテンツマーケティングを継続するためには、「短期間では成果に繋がりにくい」ということを最初から理解しておく必要があります。

 

失敗してしまう企業の多くが、中長期的な成果を待ちきれずに途中で挫折してしまっていることが考えられます。そのため、大前提として「コンテンツマーケティングは中長期的なマーケティング手法であること」を十分に理解しておくことをおすすめします。

 

また、コンテンツマーケティングを進める上では、定期的な分析によって課題を常に明確化することも重要です。「課題を明確化」して「解決する」といったサイクルを生み出すことができれば、常に新たな目標(モチベーション)が生み出されるはずです。このような分析する工程も、コンテンツマーケティングを継続する上では必要不可欠なのです。

 

まとめ

今回は、コンテンツマーケティングのメリット・デメリットについて詳しくご紹介しました。メリットだけでなくデメリットも理解しておくことで、より成果に繋げられる可能性が高まることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

しかし、中長期的に取り組むとしても、「現在の戦略は正しいのだろうか」といった不安がつきまとう企業も多いでしょう。その不安の通り、適切ではない戦略でコンテンツマーケティングを継続しても、誰もいない暗闇に向かってコンテンツを発信しているような状況に陥ってしまう可能性もあります。

 

そのような失敗を避けるためには、専門知識を持ち合わせた企業に外注することも有効な手段となります。当社が提供する、「コンテンツマネジメントサービス」では、20年以上かけて培ったBtoB企業販促における支援実績を活かし、Webマーケティングや営業現場の販促課題などをユーザー目線でヒアリングしながら、企画から制作までご提案いたします。

 

幅広いメディアの制作も一貫してお任せいただくことで、自社の業務負担を大幅に軽減しつつ、成果へと繋げていくことが可能です。コンテンツ制作の効率化をご検討の際は、ぜひお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから