コラム・資料ダウンロード

  • ノウハウ

2021/08/10

デジタルマーケティング導入のきっかけに

信頼できるデジタルマーケティングの支援企業を選ぶコツとは?

近年は、PCやスマートフォン、タブレットなどから手軽に情報収集ができる環境が整備されたため、BtoB、BtoC問わず、インターネットユーザーが爆発的に増えました。そして、インターネットユーザーをターゲットにしたデジタルマーケティングの導入によって「ブランディング」や「成約」を成功させている事例も増えています。そのような成功事例の多くが、デジタルマーケティングを支援する企業を上手く利用しています。

 

今回は、信頼できるデジタルマーケティングの支援企業を選ぶ際のコツについてご紹介していきます。デジタルマーケティングの導入をご検討の際は、ぜひ参考にしてみてください。

多くの企業がデジタルマーケティングの重要性を感じる時代に

大手システムインテグレーターが行ったデジタルマーケティング実施状況についてのアンケート結果によると、デジタルマーケティングを実施する企業の担当者300人の内、95%以上がデジタルマーケティングの重要性を認識しています。

 

その理由としては、「リアルタイムの情報展開が可能だから」「さまざまなサービスの融合が図れるから」「企業イメージを確立できるから」など、情報発信における重要性を挙げる回答が多かったといいます。また、「購入者のニーズを把握できるから」「幅広いマーケティングを行えるから」といった、情報収集やマーケティング面における重要性を挙げる回答も多かったようです。このアンケート結果を踏まえると、実際にデジタルマーケティングを導入した多くの企業において、導入が「プラス」に働いているといえるでしょう。

 

このような、アンケート結果の一方では、デジタルマーケティングの導入に踏み出せないというケースも少なくないでしょう。その理由としては、「専門知識を持ち合わせていないこと」が考えられます。しかし、デジタルマーケティングの支援企業のサポートによって、難なくデジタルマーケティングを導入することは可能なのです。

 

では、デジタルマーケティングの支援企業に依頼すると、どのようなメリットが得られ得るのでしょうか。次はそのメリットについて、詳しく見ていきましょう。

 

デジタルマーケティングの支援企業に依頼するメリット

デジタルマーケティングの支援企業を依頼した場合のメリットとしては、主に以下の3点が挙げられます。

 

1.リソース不足でも導入できる

デジタルマーケティングの導入を検討していたとしても、本業のコア業務に追われていてマーケティング業務まで手が回らないというケースは多いでしょう。特に近年は、少子高齢化に伴い人手不足が深刻化していますので、リソース不足という課題を抱える企業は少なくありません。

 

そのようなリソース不足でも支援企業がマーケティング業務を代行してくれるのであれば、本業のコア業務に支障をきたすことなく、デジタルマーケティングを導入することができます。また、社内にマーケティング人材が存在しない場合でも、デジタルマーケティングを開始できるのです。

 

2.マーケティグの全体像を明確にしながら進められる

デジタルマーケティングの専門知識を持ち合わせていない企業の場合、社内で戦略を共有しながら施策を講じていくことは決して簡単ではありません。仮にデジタルマーケティングの重要性は理解できていても、具体的に何から着手すれば良いのか分からずに悩んでしまうケースもあるでしょう。

 

そのような場合でも、支援企業に依頼することによって、「現状の課題」「具体的な戦略」「着手すべき作業の順番」などを明確化した上で進めていくことが可能になります。また、支援企業からノウハウを共有してもらいながらデジタルマーケティングを実施していけば、中長期的には自社のみで実施できるようにもなるでしょう。

 

3.顧客情報を有効活用できる

顧客情報は蓄積されているものの、活用方法が分からないという課題を抱えている企業も多いでしょう。また、活用はしているものの、マーケティング施策が散漫なため効果を得られていないという企業もあるかもしれません。

 

そのような場合も、支援企業に依頼することで問題を解決できる可能性が高まります。支援企業の力を借りて、顧客情報のさまざまなデータを可視化することで、「改善すべきポイント」を浮き彫りにすることができるからです。

 

より効率的にデジタルマーケティングを実施していくという点においても、支援企業の力を借りながら顧客情報を活用していくことには大きなメリットがあるでしょう。

 

デジタルマーケティングの支援企業を選ぶ際のポイント

では、実際にデジタルマーケティングの支援企業を選ぶ場合、どのようなポイントを押さえるべきなのでしょうか。ここからは、デジタルマーケティングの支援企業を選ぶ際のポイントを順番に見ていきましょう。

 

1.過去の実績を確認する

依頼先の候補となる支援企業が、過去にどのようなデジタルマーケティングを行ってきたのかを確認すれば、どのような成果が期待できるかシミュレーションがしやすくなります。特に、自社と同じ規模、同じ業界の実績を確認することができれば、期待できる効果も明確になるでしょう。あくまでも過去の実績だけでは評価できない部分もありますが、「公開されている事例が多いかどうか」という点は、その支援企業が信頼できるかどうかを判断する上で重要なポイントの一つと言えます。

 

2.アウトプットのサンプルを見せてもらう

納品物が明確な場合であれば、他社のレポートや制作物といったサンプルを見せてもらうのも一つの手段です。たとえば、実際のレポートなどを確認することによって、どのような精度で施策が行われているのかを具体的に確認することができます。また、制作物のデザイン性を重視したい際にも、可能な限り多くのサンプルを見せてもらうことによってデザインの傾向を把握することができ、依頼もしやすくなるでしょう。

 

3.担当者との相性を確認する

自社の支援を担当する人との相性も重要です。その人が得意とする分野、苦手とする分野が分かれることも想定されますので、自社の課題を解決するために適切な知識を持ち合わせている人かどうかを見極めていきましょう。たとえば、その人が担当した過去の実績を確認したり、多方面のコミュニケーションを試みたりすれば、自社との相性を見極めやすいでしょう。

 

まとめ

今回は、信頼できるデジタルマーケティング支援企業を選ぶためのコツについてご紹介しました。支援会社を選ぶ際には、「過去の実績」「制作物のサンプル」「担当者との相性」などの確認が重要になることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

より効率的にデジタルマーケティングを遂行し、成功に繋げていくためには、デジタルマーケティング支援企業を依頼するのも有効な手段と言えます。専門家のサポートを必要とされている場合には、マーケティング業務のアウトソースも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

当社が提供する「コンテンツマネジメントサービス」では、20年以上かけて培ったBtoB企業販促における支援実績を活かし、デジタルマーケティングや営業現場の販促課題などをユーザー目線でヒアリングしながら、企画から制作までご提案いたします。

 

幅広いメディアの制作も一貫してお任せいただくことで、自社の業務負担を大幅に軽減しつつ、成果へと繋げていくことが可能です。コンテンツ制作の効率化をご検討の際は、ぜひお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから